妊娠 おなら 臭い

臭いおならを何とかしたい|善玉菌を増やして腸内環境を整える

食べ物を食べると胃や小腸で消化吸収されます。その残りカスが大腸に送られて、大腸内で腸内細菌に分解されます。このときに発生するガスがおならとして排泄されます。

 

つまり、何を食べたのか、そして腸内環境によって、オナラの量やニオイが変わります。臭いオナラがたくさん出てしまうときは、まずは臭いオナラを作る食品を控える。次に、腸内環境を整えてあげることで、かなりニオイは減ります。

 

 

臭いおならを作る食べ物を減らす

おならと言えば、思いつくのがイモ類だと思います。焼き芋を食べたときにオナラがたくさん出ることを経験した人も多いと思います。しかし、オナラの量は増えますが、意外と臭くないです。

 

 

では、臭いおならを作り出す食べ物は何かと言うと、肉や卵などの動物性タンパク質です。発生量は少ないですが、臭いガスを作り出します。動物性たんぱく質は大腸の中で、腐敗します。このときに、腐った卵のような臭いガスが発生してしまいます。

 

 

また、もともとニオイが強いネギ、ニンニクなどなども食べ過ぎるとおならが臭くなります。動物性たんぱく質や臭いの強い食べ物を減らすだけでも、かなり改善します。

 

 

腸内環境を改善する

腸内には100兆個以上の腸内細菌が住んでいると言われ、その中には善玉菌と悪玉菌がいます。善玉菌は食べ物のカスを発酵させて、においがあまりないガス(漬物のようなニオイ)を作ります。悪玉菌はは食べ物のカスを腐敗させて、ニオイの強いガスを作り出します。

 

 

さらに、善玉菌は大腸の動きを活発にしてくれて、逆に悪玉菌は大腸の動きを鈍くさせてしまいます。つまり、善玉菌が多いとオナラのニオイが減り、お通じもスムーズになり、悪玉菌が多いとオナラは臭くなり、お通じも悪くなります。

 

 

腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす方法

  • 食物繊維をたくさん含む食べ物を食べる

穀類、野菜、豆類、昆布、わかめ、果物、こんにゃくなどに多く含まれている食物繊維。便秘改善に効果があることは、よく知られていますが、オナラのニオイも減らしてくれます。

 

 

食物繊維は善玉菌の栄養源となり、善玉菌を元気にしてくれるからです。さらに詳しい内容はこちらの記事に書いています。

 

 

  • 乳酸菌をたくさん含む食べ物を食べる

善玉菌の1つである乳酸菌をたくさん摂ると、腸の中が善玉菌の住みやすい環境になります。乳酸菌はヨーグルトやチーズなどの乳製品、納豆、味噌、漬物、キムチなどの発酵食品に多く含まれています。

 

 

しかし、乳製品に含まれている動物性乳酸菌は胃酸でほとんどが死滅してしまい、生きたまま腸に届きません。そこで最近、注目されているのが発酵食品に含まれている植物性乳酸菌です。

 

 

植物性乳酸菌は、生命力が強く胃酸で死滅しないため、生きたまま腸に届きます。最近は、ヨーグルトでも植物性乳酸菌を含んだものもあるので、上手に利用してください。

 

 

ただし、生きたまま腸に届いた乳酸菌も大腸にとってはすぐに排泄されてしまうので、毎日食べ続けることが必要です。

 

 

  • 腸内細菌を増やすオリゴ糖を食べる

大豆、たまねぎ、蜂蜜、牛乳、バナナなどに含まれているオリゴ糖。このオリゴ糖は、 善玉菌の1つビフィズス菌の大好物です。なので、オリゴ糖を摂ると腸内のビフィズス菌が元気になり、数がどんどん増えます。

 

 

オリゴ糖は、胃や小腸で消化吸収されずに、そのままの形で大腸に届くので、効率よく善玉菌を増やすことができます。さらに体内に吸収されないので低カロリーです。妊娠中は体重管理も必要なので、これは助かると思います。

 

 

しかし、食べ物に含まれている量は微量なので、食事だけで1日に必要な量を摂るのはなかなか難しいです。そこで手軽にオリゴ糖を摂るには、製品化されたものを利用するのがお勧めです。